害虫に関すること|被害を受けてしまう前にスズメバチの巣は駆除しよう

被害を受けてしまう前にスズメバチの巣は駆除しよう

ウーマン

害虫に関すること

散布機

虫によって違う

害虫駆除の方法は、虫や発生するものによって異なります。たとえば、ゴキブリの場合は、ホウ酸ダンゴや害虫駆除用のスプレーで撃退することが多いです。しかし、果実などに発生する害虫にはこれらを使用するわけにはいかないです。果実は口に入るものですから、害虫駆除用のスプレーを使ってしまうと、体に悪影響を及ぼす可能性があります。ですから、果実の場合は袋をかぶせて虫が寄り付かないようにするのが基本です。また、害虫駆除は素人が簡単に行えることが多いです。しかし、中には害虫退治を専門とする業者に頼った方がいいこともあります。とくに、スズメバチなどを駆除するときは、プロに任せることが絶対です。業者はネットで見つけることができます。

キボシカミキリの対処法

イチジクを育てる場合、キボシカミキリと言う害虫に注意しましょう。キボシカミキリの幼虫は、枝や幹の中に潜り込み、内部を食害します。枯らしてしまうこともあるので侮らないようにしましょう。成虫は樹皮をかじります。非常に厄介ですが、害虫駆除の方法は難しくないです。まず、枝や幹をしっかり観察し、木屑が出ている穴がないかチェックしましょう。穴を見つけた場合は、針金などを差し込んで中の幼虫を退治しましょう。成虫は簡単に目に見えるので、見つけ次第取り除くことです。また、虫の住処になる枯れ枝は切り取って処分することを心がけましょう。ちなみに、キボシカミキリは春から夏ごろにかけて発生します。事前にしっかり対策をしておきましょう。