被害を受けてしまう前にスズメバチの巣は駆除しよう

家

春〜秋に被害が増えます

巣

一番適した時期は春

スズメバチは春〜秋にかけて繁殖を行います。春先は冬眠から覚めてすぐなので、攻撃性が低く駆除作業がしやすいのが特徴です。また数も増えていないため、駆除も容易です。しかし夏〜秋にかけては、数も増え、巣もとても大きくなっていることがあります。この時期の駆除には特に注意が必要です。スズメバチもそうですが、蜂は昼に行動し、夜は巣に戻りおとなしくしています。もし駆除作業を考えているなら、夜間帯にすることをお勧めします。スズメバチは黒や赤、オレンジといったものに反応し攻撃します。駆除作業を行う時は白い服を着て、専用の防護服に身を包んで作業しましょう。殺虫剤を使用するときは、巣と距離をあけて噴霧します。必ず風上から噴霧しましょう。噴霧時間は1分以上かけて行います。噴霧後はすぐに巣に近づいてはいけません。まだ死んでいない個体もいるからです。可能ならば翌朝まで待ち、周囲を飛んでいる蜂がいないかを確認してから巣を撤去します。直接触るのではなく、下にゴミ袋などを設置し、棒などではたきおとしてしまいましょう。

大きくなってしまったら

先ほど繁殖期間は春〜秋といいましたが、一番良いのは巣を作らせないことです。特に春は女王蜂が冬眠から目覚め、繁殖に適した場所に巣を作り出す時期です。この初期の段階に撤去してしまえば繁殖が進んで時期よりは安全に撤去することが可能です。しかしいくら巣が小さいからと油断してはいけません。スズメバチは毒性が強く攻撃的な性格をしているため、敵として認定されれば集団で襲ってきます。巣が小さいうちでも、必ず適切な方法で駆除作業を行いましょう。もし巣が大きく育ってしまったら、個人で駆除作業をせず、業者に委託してしまうことも考えましょう。蜂に何度も刺されるとアナフィラキシーショックを起こすことがあります。危険だと判断したら近寄らないようにしてください。

ねずみの駆除業者

ねずみと猫

ねずみは自分で駆除せずに、知識が豊富な専門業者に任せるようにしましょう。ねずみ駆除の業者を探すときは、一括見積もりサイトが役に立ちます。各社の見積もりを比較することによって、おおよその相場を知ることができるようになります。

More...

効果的な対策方法とは

蟻の巣

蟻は、エサを求めて歩き回ります。そのため、日ごろから食べかすなどを放置しないように掃除をしておきましょう。また、駆除をする方法として、蟻の巣ごと全滅できる市販の駆除剤を使うことが挙げられます。ただし、子供やペットがいる場合には食品を使った安全なもので駆除をするといいでしょう。

More...

害虫に関すること

散布機

厄介な害虫を駆除するには、様々な方法があります。しかし、中には人体に影響を与える薬を使った方法もあるのです。また、危険な害虫駆除をする際には駆除業者へ依頼したほうが安全に行えることもあるのでそういったときには無理をせずに頼りましょう。

More...